Uber Eats(ウーバーイーツ)の女性配達員は危険でやばい?メリット・デメリットは?

最近ではフードデリバリーサービスの配達バイトは当たり前になってきました。

“自由度”が魅力であり人によっては月に100万円稼ぐこともある配達バイトは非常に魅力的ですよね。

しかし、「配達員」というと男性のイメージが強いのではないでしょうか。

配達バイトに興味を持っていても、「女性だと危ないんじゃない?」「場合によってはやばいことになりそう、、、」など不安を抱えている人もいるかもしれません。

そこで今回は、
「Uber Eats(ウーバーイーツ)の女性配達員は危険?危ない?」
「女性配達員のメリット・デメリットは?」
などの疑問にお答えします。

ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は女性もできる?女性の比率は?

配達バイトというと“男性”ばかりの印象がありますが、配達業務は“女性”でも可能なのでしょうか?

結論から申し上げますと、女性でも可能です。

配達車両にもよりますが、特に力仕事というわけではないので体力的な心配はいらないと思います。

しかし、実際にフードデリバリーサービスを利用したことがある方ならわかると思いますが女性の配達パートナーさんはほとんどいないですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で実際に配達業務を行っている女性の割合は、全体の約5%ではないかと推測されています。20人に1人といった感じですね。

やはり割合的には男性が多い職種であることがわかります。しかし、女性だからといってできないことはないので安心してください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の女性配達員の年齢層は?

では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で働いている女性配達員の年齢層はどのくらいなのでしょうか?少し気になりますよね。

実際には、大体20代から40代の女性が配達パートナーとして働いているようです。その中でも特に多いのは20代の学生、40代の主婦の方です。

学生は原付バイクで配達をしている人が多く、主婦の方は自転車で配達していることが多いそうです。主婦の場合は子供の送り迎えで自転車を普段から使っていることが多いからでしょうか。

というわけで、女性の配達パートナーは学生と主婦層が多いということがわかりました。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員は危険でやばい?

では、配達バイトは女性にとって危険で危ない仕事なのでしょうか?

皆さんが一番気になっていることだと思います。

やはり、女性の配達パートナーが抱える一番のリスクが「危険」にさらされやすいということだと思います。

配達バイトでは怪しいお店に商品を受け取りに行かなきゃいけない、もしくは配達先に酔っ払いの人がいる等の危険が考えられます。

女性配達員だけでなく、男性配達員にも同様に起こりうることですが、そのような状況に出くわした場合男性以上に 女性は恐怖を感じやすいのではないかと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は顔写真や名前はバレる?

特に危険な理由として「商品を手渡す前から顔がバレている」ことです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達時にはお客さんが安心できるように配達員の名前と顔写真が必ず表示される仕組みになっています。

そのためお客さんに直接会う前から名前や顔を知られてしまうことになります。

そのような状態で知らない人の家に物を届けるというのは少し怖いですよね。

少しでもリスクを減らすためにマスクをして配達することをお勧めします。

世の中にはやばい人もいるので、できる限りリスクを無くすようにしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員の事件は?

ここまで女性配達員の危険性について紹介してきましたが、実際に事件などはあるのでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の女性配達員が体験した怖い話によると、「立ち入り禁止と書かれた人気のないアパートへ配達をした」また「LINEを教えて、としつこく言われた」などという出来事があったようです。

連絡先をしつこく聞いてくる男性がいるというのは配達バイトに限らず女性にはよくあることかもしれません。本当に迷惑ですよね。

しかし、相手の家に配達を行っている時には「急に部屋に連れ込まれるのではないか」などの恐怖が大きくなると思います。

やはり女性にとって配達バイトは危険なことが多いのかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員のメリット

これまで女性配達員にとっての危険性についてのみお伝えしてきましたが、メリットもあります。

まず、配達バイトのメリット1つ目が服装・髪型が自由であることです。

髪色を自由に変えられるということやネイルをしても問題ないバイトは意外と限られているので、おしゃれを楽しみたい女性には魅力的なバイトです。

メリット2つ目は自由な時間に好きなだけ仕事をできる点です。

特に主婦の方にとって急に子供の体調が悪くなった時にシフト制のパートだと代わりを探したり休みづらかったりという問題がありますが、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員なら空いている時間に働くだけなのでそのような悩みも無くなります。

危険な面もありますが、やはり配達パートナーは魅力的な仕事ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員のデメリット

では、女性配達員にとってデメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

デメリットを挙げると以下のようなことが考えられます。
・自転車での配達だと坂道がきつい
・夏の配達時には日焼けをする
・屋外の汚いトイレを使わなければいけない時がある

勾配のきつい坂道を通らなければならない時にアシストのない自転車だと相当体力が削られる可能性があります。

そのため、体力に自信がないという方は、免許を持っている人は原付バイク、持っていない人は電動付き自転車で配達するのが良いかもしれません。

夏の日差しが強い日に配達業務をしているとどうしても日焼けをしてしまいますが、そのような時には頻繁に日焼け止めを塗ったり、帽子を被ったりすることで対策をしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員はどんな服装?

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員の服装はどのようなものが一般的なのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では配達パートナーの服装規定は特にありませんが、食品を届ける仕事なので清潔感があるものを選びましょう。

また、バイクや自転車に乗る場合、動きやすい服装をしているのが安全だと思います。

女性配達員の場合も特に変わったことはありませんが、危険に遭遇する可能性もあるため、露出は控えるようにしたほうが良いでしょう。

本来全ての人に好きな服装をする権利があり、露出度が関係するのはおかしいですが、現在の日本社会では性犯罪の被害者が責められることも多いので自分のために露出は控えることをお勧めします。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員はママチャリはきつい?

女性の配達員の方は原付バイクや電動自転車での配達をお勧めすると述べましたが、ママチャリではやはりきついのでしょうか。

中には「免許を持っていない」「家にママチャリしかない」という方もいると思います。

結論から言うと、ママチャリで配達している人も割と多く、配達は可能です。

全く使えない!と言うことではありませんので安心してください。

しかし、ママチャリでの配達業務はガッツリ稼ぎたい!と言う方にはお勧めしません。

そのため、アルバイトとしてお小遣い程度に稼げれば良いと言う方はママチャリでも大丈夫でしょう。

特に主婦の方にとって乗り慣れているものや既にあるもので稼げるのは魅力ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)女性配達員は男性配達員より稼げない?

最後に、女性配達員は男性よりも稼げないのでしょうか?

実際のところ性別によって報酬額に差が出ると言うことはないようです。

しかし、ネックになるのはやはり長時間稼働していると「体力」勝負になると言う点です。

ガッツリ稼ぎたい方は1日に数十件の注文依頼をこなす必要があります。そのため数多くの店舗や配達先を行き来することになります。

特に自転車での配達は体力の消耗が激しく、配達バイトを本業にする人にとってはきつい仕事となるでしょう。

また、夜遅くの配達業務は危険に遭遇するリスクも大きくなるので、それらのリスクを少なくするためには男性よりも短時間の労働になってしまうでしょう。

これらを考慮すると男性よりも稼げない可能性は高いですが、気にせず「ガッツリ稼ぎたい」と言う体力に自信のある女性は月100万円も夢じゃない魅力的な仕事だと思います。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる