Uber Eats配達員が底辺と思われる3つの理由と底辺ではない理由

ここ数年でいくつものフードデリバリーサービスが日本に上陸し、利用を拡大し続けています。

それに伴って配達員の需要も拡大していますが、フードデリバリーの中でも知名度を誇るUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員は底辺だと思われているようです。

なぜこのようなことが言われているのでしょうか?

そこで今回はUber Eats(ウーバーイーツ)配達員が底辺だと言われる3つの理由と底辺ではない理由をそれぞれ紹介していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で配達バイトをしている方やこれから配達バイトを始めたいと思っている方はぜひ最後まで読んでください。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が底辺と思われる3つの理由

配達員を実際に経験した人によると信号待ちをしているときにバックを蹴られたり、タバコを投げられてりすることがあったようです。このことから配達員という職業が下に見られていることがわかります。

しかし、フードデリバリーサービスの中でもトップの知名度と人気を誇るUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員はなぜ底辺だと思われているのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が底辺だと言われる主な理由は以下の3つです。
・誰でも配達員になれる
・貧困だと思われている
・頭おかしい、やばいやつがいると思われている

ここからそれぞれの項目について詳しく紹介していきます。

誰でも配達員になれる

配達員が底辺と言われる一つ目の理由は、「誰でもできる」からという点です。

社会にはある特定のスキルや経験を持っていないとなれない職業が存在します。それに対し、配達バイトのような職業は特定の資格やスキルを持っていないくてもできる職業だとみなされます。配達バイトはいわゆる誰でもできる職業なのです。

しかし、だからといって嫌がらせをしていいわけではありませんし、見下していい理由にはなりません。様々な仕事をする人がいるからこそ社会が回っているのです。

そのため、配達バイトに対して劣等感を抱くことは必要ありません。見下してくる人間は全員無視しましょう。

貧困だと思われている

配達員バイトが底辺だと思われている理由の2つ目は貧困だと思われているからです。

これは先ほど述べた1つ目の理由とも関係してきますが、配達バイトは誰でもできる職業なため、収入も低くなります。実際には掛け持ちをするなどして効率よく配達バイトを行っている人は月収100万円を超えている人もいますが、安定している職業ではありません。

そのため、配達バイトをしている人は貧困層でお金がない人だと思われがちなのでしょう。しかし、現在の日本社会は全体的に貧困層が増えていますし、貧困は本人の怠惰などではなく環境や社会構造に依るところが大きいです。

これに関しては貧困に当てはまる人も当てはまらない人も気にしないようにしましょう。

頭おかしい・やばいやつがいると思われている

配達員バイトが底辺だと思われている理由の3つ目は頭がおかしい人ややばい人がいると思われているからです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員にはやばいやつや変な人がいるという噂があります。

これは実際に、お客さんにしつこく連絡先を聞いたり赤信号を無視して自転車を運転している配達員がいるなどの目撃情報があるため仕方がないことだと思います。

しかし、やはりこれらは配達員のごく一部の人たちのことにすぎませんし、大半の人は真面目に丁寧に仕事をこなしているのではないでしょうか。

一部の人のせいで頭がおかしい人というレッテルを貼られるのはとても迷惑ですね。

これも気にせず自分の仕事に重きを置いて配達員を続けていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が底辺ではない理由

ここまでUber Eats(ウーバーイーツ)配達員が底辺だと言われている理由3つを紹介してきましたが、配達バイトは底辺などではありません。

その理由についてお伝えします。

配達員が底辺ではないと断言できる理由は実際に「稼げる」職業だからです。

自由度が高く好きなときに働けるため、副業のイメージが強いと思いますが、中には専業として月に100万円以上稼ぐ人もいます。

最近ではスマホを見ながら自転車に乗っている配達員の姿やファストフード店の前で注文依頼を待つ配達員たちの様子が取り上げられ、迷惑しているという声も聞きますが、そのような配達員にならないよう誇りを持って配達員を行えたら良いのではないかと思います。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる