Uber Eats配達員が儲からない3つの理由と儲ける方法は?

ここ数年でフードデリバリーの利用は当たり前になってきました。

皆さんの中にも配達バイトを行っている人がいるのではないでしょうか。

好きなときに好きなだけ働くことができる配達バイトはとても魅力的ですよね。

数ある中でもトップの知名度を誇るUber Eats(ウーバーイーツ)は配達バイトをする人の中でも人気が高い会社です。しかし最近ではなかなか稼ぐことができないという声が散見されます。

そこで今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が儲からない理由とそれでも配達バイトを辞められない人が儲ける方法について詳しく紹介します。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が儲からない3つの理由

ここ数年間で生活様式は一変し、フードデリバリーサービスの利用は急増しました。しかし、最近はUber Eats(ウーバーイーツ)配達員が稼ぐことが難しくなっているようです。

少し前には自由度も高く人によっては時給換算で三千円以上稼ぐ人もいるなどの話もあった配達バイトですが、何が原因なのでしょうか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が儲からない3つの理由は以下の通りです。
・配達員が多すぎる
・報酬が安くなった
・フードデリバリーの需要が減った

Uber Eats(ウーバーイーツ)は稼げるバイトであるという話を聞いて配達員が増加したことや、新報酬価格体制の導入によって単価が安くなったこと、フードデリバリーサービス自体の需要が減少したことが原因のようです。

それぞれの項目について詳しく説明します。

配達員が多すぎる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が稼げなくなっている1つ目の原因は、配達員が多すぎることです。

配達バイトの自由度の高さや、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員は稼げるという噂によって配達業務をする人がどんどんと増えました。また、それだけでなくコロナウイルスの影響による失業者が配達バイトを始めた可能性も大いに考えられます。

コロナウイルスでは約7万人が失業したとの話もありますので、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員が増加した理由に関係はあるでしょう。

他にも、配達員をしている人が稼ぎ方や始め方などのハウツーについてをネットで紹介するようになったことも配達バイトへのハードルを下げている要因かもしれません。

報酬が安くなった

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員が稼げなくなっている2つ目の原因は、報酬が安いことです。

新価格体制を導入して以降、「スリコ」と呼ばれる300円単価の案件が増加しました。

1回配達を行っても300円+距離料金などしか稼げないため、何度配達をしてもなかなか昔ほどがっつり稼げるということがなくなってしまったようです。

店舗に取りにいき、配達先に届けるという作業はある程度の弛緩がとられますし、1件300円というのは非常に安すぎますよね。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の間ではこの「スリコ」に対しての不満が募っているようです。

デリバリーの需要が減少

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げなくなっている理由の3つ目は、フードデリバリーの需要が減少していることです。

コロナウイルスの影響によって生活様式が変化し、一気に需要が伸びたフードデリバリーサービス業ですが、最近では蔓延防止などの措置はありつつも外食をする人も増えてきています。それに伴いフードデリバリーの利用も減少しています。

当たり前ですが、フードデリバリーサービスの利用減少によって配達員の需要も減少しています。しかし、先ほどお伝えしたように配達員は増加しているため、なおさら配達依頼を獲得することが難しくなっているようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)をやめられない理由

ここまでUber Eats(ウーバーイーツ)配達員が儲からなくなっている原因についてお伝えしてきました。

これらをみていると、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員はやめて他の職業についたほうが良いのでは、と思う方もいるのではないでしょうか。

配達員という仕事は自由度が高く魅力的な反面、交通事故のリスクや収入が不安定なこと、続けていても特別なスキルが身につくわけではないなど、さまざまなリスクを抱えています。

しかし、中にはやめたくても配達員をやめられない人もいるでしょう。

特に副業ではなく専業として配達員をやっている人は無職になってしまいますよね。

そのような方のために、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員で儲からない人の特徴や儲かるためにすべきことについても紹介します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない人の特徴

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼げない人の特徴について紹介します。

稼げない人の特徴1つ目は、効率的に配達業務を行う工夫をせずにワンパターンのやり方に固執している人です。

配達の仕事は商品を受け取りに行き、お客様の家に届けるというシンプルなものですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)にはインセンティブがあります。そのようなインセンティブをクリアしてまとまった報酬をもらうにはどのようにすれば良いかを考えることが必要になります。

稼げない人の特徴2つ目は初期投資をしていない人です。

例えばママチャリをずっと使い続けている人は一つの業務をこなすのに、他の人よりも時間と体力を消耗してしまいます。

これらに当てはまった人は改善策を実行してみましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で儲ける方法は?

では、Uber Eats(ウーバーイーツ)で儲ける具体的な方法は何があるのでしょうか。

おすすめの方法は以下の二つです。
・配達エリアや時間帯を変えてみる
・他社サービスと併用でする

先ほどもお伝えしたようにUber Eats(ウーバーイーツ)では「スリコ」と呼ばれる単価の安い配達依頼が増加しています。そのため、インセンティブやクエストを利用してまとまった金額を稼ぐことが必要になってきます。そのためには配達時間を変える必要があるかもしれません。

また、配達員の増加やフードデリバリーの需要減少に伴い、配達依頼を待つだけの時間も増えていると考えられます。そこで他社と掛け持ちで配達業務を行うことによって無駄な時間をなくすことができるでしょう。

配達エリアや時間帯を変えてみる

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員としてがっつり稼ぐためにおすすめの方法1つ目について詳しく紹介します。

配達員をしていてもなかなか稼げないという人は、配達時間と配達エリアを変えてみましょう。Uber Eats(ウーバーイーツ)では最初に設定した配達エリア以外でも配達も可能です。

エリアや時間帯によって利用者の数は変わってくるので、配達依頼を獲得できそうな場所を探し、尚且つ、ランチやディナーの時間帯を狙って稼働するようにしましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では注文の多い時間帯ではスリコなどの低単価の案件がありませんので、稼ぎやすくなっていると思います。

他社サービスと併用する

次にUber Eats(ウーバーイーツ)配達員としてがっつり稼ぐためにおすすめの方法2つ目は、他社サービスと掛け持ちをすることです。

配達バイトでがっつり稼ぐために重要なことは無駄な時間を省くことです。場合によっては配達依頼が来るのを待っているだけで時間が過ぎてしまうことがありますが、他社と掛け持ちをすることでそのような無駄を省けるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では必ずしも指定のバックを使ったり特定のユニフォームを着たりする必要があるわけではありませんので、同じような規定のフードデリバリー会社と併用することで問題なく掛け持ちをすることができます。

効率よく配達業務をこなしてがっつり稼いでいきましょう。



よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる