Uber Eatsのロゴを隠す意味や隠し方!メリット・デメリットを紹介

フードデリバリーサービスの中でもトップの人気と知名度を誇るUber Eats(ウーバーイーツ)で配達バイトをしている人も多いと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では必ずしも指定のバックを使う必要はありませんが、Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴが入ったバックを購入することもできます。

人によってはそれを知らずに最初にロゴが入ったバックを購入した方もいるのではないでしょうか。

そこで今回はUber Eats(ウーバーイーツ)バックのロゴを隠すメリット・デメリットや隠し方について紹介します。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠す意味

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠す意味はどこにあるのでしょうか。

ロゴを隠す意味は、トラブルを回避するためです。Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員の中には携帯を操作しながら運転をしていたり、駐車禁止の場所に駐車したりといった行為をしている人がいます。それによってUber Eats(ウーバーイーツ)配達員を嫌っている人が配達員に何かを投げつける等の嫌がらせをすることがあるようです。

そのため、Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴが入っているだけでトラブルに巻き込まれることがないようにロゴを隠すことをお勧めします。

また、それ以外にも他のフードデリバリーバイトとの掛け持ちができるようになったり、買い物袋の代わりに私用で利用できたりと何かと便利なことが多くなります。

ウバックのロゴの隠し方

次に実際にどのようにUber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠すのかについて紹介します。

おすすめのロゴの隠し方は、黒いビニールテープで隠すことです。

黒のテープを持っていない方は多いかもしれませんが、百均やホームセンターで簡単に手に入れることができます。

配達は雨の日に行うことも考えられますので、防水になっているテープが良いでしょう。

また、布を縫い付けるということも可能ですが少し面倒な作業になるので、やはりテープをロゴの上から貼ってしまうというのが最も簡単な方法なのではないでしょうか。

用意するものも少なく費用も安いので負担も少なくて済みます。

他のフードデリバリサービスと掛け持ちで使用している

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠すメリットの1つ目は、他のフードデリバリーサービスと掛け持ちができるということです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)を含め、多くのフードデリバリーサービスでは必ずしも指定のバックで配達をしなければならないと言った決まりはありません。そのため、他社の会社のバックであったとしてもロゴを隠せば使用可能ということが多くあります。

掛け持ちをしているとわざわざバックを交換しながら配達を行うことは大変なのでロゴを隠して使うというのは良いと思います。

私用で利用している

ロゴを隠す2つ目の理由は、私用で利用ができるということです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のバックは防水・保温・保冷・クッション性など様々な点でとても優れています。そのため、普段スーパーに買い物に行ったときに買い物袋や買い物バックの代わりとして利用したり、大きめのサイズのものを運ぶときに利用したりしている人もいるようです。

そのような時にUber Eats(ウーバーイーツ)のロゴが見えたままの状態だと少し恥ずかしいですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠すメリット

これまでロゴを隠す理由について紹介してきましたが、メリットはどのようなことがあるのでしょうか。

ロゴを隠すメリットをまとめると以下のようになります。
・トラブルに巻き込まれるのを避ける
・Uber Eats(ウーバーイーツ)以外のフードデリバリーで配達するときにも使用できる
・他社の規約違反を避けられる

先述したように、一部の配達員の粗悪な行動によってUber Eats(ウーバーイーツ)配達員を毛嫌いしている人もいます。そのような人によってトラブルに巻き込まれないようにするためにロゴを隠すというのは非常におすすめです。

また、間違って他のフードデリバリーサービスの配達員として配達を行うときにロゴが見えた状態で配達しないようにするためにも隠すことはとても重要です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠すデメリット

最後にUber Eats(ウーバーイーツ)のロゴを隠すデメリットについてお伝えします。

まず一つ目は手間がかかるということです。

黒いテープを持っていない場合には買いに行く必要がありますし、貼る作業もしなければなりません。

また、最終的に配達員を辞めた後にバックを売りたいと考えている場合には値段が下がってしまうことが考えられます。

しかし、トラブルを避けるためであることや掛け持ちも可能になることを考えるとやって損はないと思います。

テープも最近では綺麗に剥がせるものも増えているので、そのような仕様のものを探してみるのもいいかもしれません。

そこまでデメリットは多くないですね。気になった方はぜひ早速試してみてください。



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる