名古屋テレビの野村和生さん

名古屋テレビの野村和生さん

メディアの将来像を考える会、5月例会はゲストスピーカーとして、名古屋テレビの野村和生さんをお迎えして、地上波ネットワークが変貌する時代における、ローカル局の挑戦についてお話しいただきます。どうぞご期待ください。

■日時 5月9日(火)午後6時半開場、7時開演~8時45分
■場所 早稲田大学26号館1102会議室
※地図はこちら。
■ゲストスピーカー 野村和生(のむら・かずお)氏(名古屋テレビ放送取締役東京支社長)
■演題 「地上波ローカル局が考える次世代サービス」

■講演内容 放送を取り巻く環境が激変している。技術の進化、テレビコンテンツの視聴スタイルの変化が主な要因である。すなわち、コンテンツの高精細度化、伝送路とデバイスの多様化、テレビ受像機の多機能化などにより、地上波放送の相対的な価値低下が危惧される。さらに、地上波放送を支える広告費が減少する、キー局のコンテンツが全国各地で視聴できるようになれば地上波ネットワークが変貌する、という経営不安に結びつく。
本講では「4K/8K」「動画配信」「同時配信」の3つのテーマを中心に、地上波ローカル局が今、何を考え、いかに対応していくのかを展望する。

■野村氏の略歴 1957年(昭和32年)生まれ。1981年(昭和56年)早稲田大学法学部を卒業後、名古屋放送(現 名古屋テレビ放送)株式会社に入社。営業・編成・技術・コンテンツ事業系の5部署で部長を経験した後、2010年「シーエスGyaO」を事業譲受した名古屋テレビネクスト株式会社の代表取締役社長に就任し、有料チャンネル事業を手がける(2016年まで取締役会長)。名古屋テレビ放送に帰任後、2014年に取締役に就任。2015年からは取締役東京支社長として渉外・東京営業・次世代放送を担当している。

■懇親会 講演の後は、同じ建物の15階にあるレストラン「森の風」で、野村さんを囲む立食パーティーを午後8時50分から行います。参加費は講演が1,000円、懇親会が3,000円。いずれも入場時に現金でお願いします。

出席を希望される方は以下に書き込みの上、コピーしてご返信ください。
講演(ご出席) 懇親会(ご出席 ご欠席)※どちらかを残してください。

送信先: inagakitaro@gmail.com

メディアの将来像を考える会幹事団