岩田明子さん

NHK政治部記者の岩田明子さん

 「メディアの将来像を考える会」2月例会のご案内です。ゲストスピーカーには、NHK政治部記者・解説委員の岩田明子氏をお迎えします。

 北朝鮮のミサイル発射により不透明さを増す国際情勢の中で、安倍外交はどのような役割を果たせるのか。国民の信頼を揺るがした森友・加計問題にどう対応していくのか。安倍政権の今年の課題について、お話しいただきます。ご期待ください。

■日時 2月13日(火)午後6時半開場、7時~9時
■場所 早稲田大学26号館1102教室
※地図はこちら。
■演題 「正念場を迎える安倍外交」 
■講演内容
 5年間で120か国以上の国と地域を訪問し、地球儀俯瞰外交を掲げる安倍晋三首相。強固な日米関係を築いたかに見えるものの、北朝鮮は挑発行動を続け、さらにはエルサレム問題が新たに起こった。不透明さを増す国際社会の中で、日本は、役割を果たすことができるのか?行きづまりを見せる日中、日韓、日ロ関係は今後進展するのか?外交を進めるうえで基盤となる国内政治の行方は?昨年、国民の信頼を揺るがせた森友・加計学園などの課題に今年はどう向き合ってくのか?

■岩田氏の略歴
 千葉県出身。東京大学法学部卒。1996年4月、NHK入局。初任地の岡山放送局で岡山県警本部や岡山地方検察庁を担当。2000年7月に政治部。森内閣と小泉内閣で総理番を務めた後、法務省や自民党・清和会、外務省、また安倍官房長官や安倍幹事長番を担当。外務省では、北朝鮮をめぐる6か国協議や、対中国、対ロシア、対米外交などを取材するとともに、サミット、APECなど多数の国際会議を取材。2013年から解説委員を兼務し、「時論公論」や「解説スタジアム」などに出演。「BS国際報道2017 日本外交ここに注目」で毎週金曜に解説を担当する。

■会費 講演会 1,000円(入場時に現金で頂戴します)
 出席を希望する方は、以下のメールアドレスにご連絡ください。
送信先: inagakitaro@aoni.waseda.jp

メディアの将来像を考える会幹事団