堀さん

ブロックチェーンとメディアについて語る堀さん

 「メディアの将来像を考える会」は2018年7月10日午後7時から、早稲田大学26号館1102教室で第88回例会を開き、コンテンツジャパン代表取締役の堀鉄彦さんをゲストスピーカーに迎え、「ブロックチェーンがメディアに与える影響」と題して講演いただきました。

 堀さんはまず、メディアビジネスがこの数十年間、ネットワーク技術の進化によって受けてきた影響について解説しました。インターネット上のメディアも読者への一方通行だったWeb1.0から、双方向の情報発信を特色とするWeb2.0へ移行し、今、ブロックチェーンや人工知能が基盤となるWeb3.0の時代を迎えようとしていると述べ、さらに、現在のWeb2.0の時代は、プラットフォーマーがデータの独占によってメディアビジネスを実質的に支配する時代であることを指摘しました。

 ITプラットフォームとメディアのせめぎ合いが大きくなっていることにも触れ、今年5月には欧州連合(EU)が個人情報を保護するGDPRを施行し、グーグルやフェイスブックなどのプラットフォーマーの個人情報利用に、大きな制限がかかったことに言及。GDPRにより、ネットガバナンスの根本的見直しが始まり、メディアとプラットフォームの関係が次のステージに移行する可能性が出てきており、またプラットフォームはメディアなのかかどうか、ニュース、情報の責任を取るべきかかといった議論が生まれていると指摘しました。

堀 堀さんはブロックチェーンとは何かに触れて、1)第三者(仲介者)を通さずに直接取引 2)改ざん不能で取り消せない形の不可逆的な取引 3)二重支払いの防止―の保証を中核とする分散型の価値保証基盤であると説明。改ざんがなされた際にこれを検知することができ、データが正しいことを保証できるデータベースでもあるとして、その最初の実用例が仮想通貨であると語りました。そして、ブロックチェーン技術により管理者・仲介者のいない形でのコンテンツの流通が始まり、中央集権的な基盤の機能が分散型になる可能性があるとし、財務省による公文書の改ざんが行われた森友学園問題について、たとえばブロックチェーン上に公文書が保存されていれば、改ざんは起こらなかったと語りました。